グルメライターが教える美味しいお店。

。

2016.12.20

  • 日本酒

千葉で中華料理が食べたくなったら行きたくなるお店「黄鶴」

fireshot-capture-71-%e6%97%ad%e5%b8%82%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%84%e6%9c%ac%e6%a0%bc%e4%b8%ad%e8%8f%af%e3%80%8c%e9%bb%84%e9%b6%b4%ef%bc%88%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%8b%e3%81%8f
黄鶴

なかなか家庭では本格的に作ることができない中華料理、
無性に食べたくなることはありませんか?
今回は千葉県旭市にある本格中国料理店「黄鶴」をご紹介いたします。
今や中国料理が気軽に食べられるチェーン店も増え、日本人にとっても親しみのある料理になりました。
その中でこちらのお店は、1970年にオープンしてから本日まで40年以上に渡って中国料理一筋で多くの人に親しまれてきた名店です。
そんな名店の人気の理由に迫りたいと思います。

厨房に立つのは横浜中華街やロサンゼルス中国料理店で長年修行を積んできた料理長。
修行で培ってきた本場の味を再現するのはもちろん、
日々訪れてくれるお客さまの感想や反応を感じながら試行錯誤し、愛される味作りを追求し続けてきました。
そんな熟練の腕で作り上げられた料理の数々は、
食材をいかした色鮮やかな品が揃い、目でも美味しさを感じさせてくれます。
併設されている結婚披露宴会場でも提供されている、幸せ感じる中国料理です。

今では、結婚式や宴会・飲み会、七五三や法事などのお食事の場、地域イベントの場など、
様々な場面で利用され、欠かせない存在となっています。
レストランを通して、日常生活の中の「ほっと一息付ける場所」
「みんなが集まれる場所」「笑顔が集まる場所」。
そんなひとときを演出できるよう、様々な料理やプランで訪れた方の心とお腹を満たしてきました。
お店のメニューコンセプトは「いつ来ても新メニューがある楽しさ」。
定番の麻婆豆腐や飲茶・点心などが豊富に揃う中で、ぜひ試してみていただきたいのがランチセット。
1,000円程でサラダ・スープ・デザート・飲み物が付いてくる満足できるフルコースを味わえるのですが、
それだけではありません。
このランチセット、2週ごとに新しいメニューに切り替わるという設定。
飽きのこないお店のコンセプトに、何度も足を運ぶ方で日々賑わいをみせています。
千葉県旭市の「黄鶴」、中国料理好きにはマストなお店です。

ページTOPへ