グルメライターが教える美味しいお店。

。

2020.04.14

  • 日本酒

南砺市にあるお酒も美味しい蕎麦や「手打そば萱笑(かやしょう)」。一人飲みにどうぞ

鴨

南砺市のこだわりのそば屋「手打そば萱笑」で粋なそば屋飲み

仕事帰りにふらりと立ち寄って、一人飲みして1日の疲れをとる。そんな行きつけの店を持っている人も少なくないことでしょう。そのお店のひとつに、ぜひ、加えてほしいお店があります。お店の名前は「手打ちそば萱笑(かやしょう)」。富山県は南砺市、JR城端線「福光駅」から徒歩6分のところにあるこだわりのそば屋です。

お店は古民家を改築した木造建築。落ち着いた雰囲気は大人の一人飲みにぴったりです。
さて、さっそくお酒をいただきましょう。いつもの居酒屋なら、とりあえずビールというところでしょうが、ここは日本酒です。オーダーは富山の地酒。そば粉をはじめ、地元の食材にこだわるのが「萱笑」の流儀ですが、地元の食材には、同じ土で育った米と、同じ水で造った地酒が何よりもぴったりと来るからです。

肴は「どじょうの蒲焼」などはいかがでしょう。地元名物の「どじょうの蒲焼」のしっとりとした身に絡むタレの香ばしい味わいに、お酒がついつい進むというものです。地元の豆腐店から仕入れた濃厚な投入を使って作る「豆乳湯葉刺し」もいける逸品。口いっぱいに湯葉の旨みが広がります。「麦屋ポークのつゆ豚しゃぶしゃぶ」も外せませんね。地元ブランドの麦ポークをしゃぶしゃぶでいただくもので、そばつゆにさっとくぐらせたら、大根おろしと合わせて召し上がってください。

程よく酔いが回ったら、当然、〆はそばです。「萱笑」のそばは、南砺市産の玄そばを石臼で引いたものを手打ちにした二八そば。打ちたての美味しさを提供したいという想いから、作り置きはせず、打ったそばを使い切ってから次のそばを打つのが「萱笑」流儀。程よい香りとのど越し、素材本来の甘みを感じられるのは、そうしたこだわりがあるからです。

さっと手繰れば、優しい出汁の味わいが優しく染みわたっていくのが感じられます。1日の締めくくりにはふさわしい一杯とは、まさにこのこと。明日はきっと爽やかな朝を迎えられることでしょう。粋なそば屋飲み。あなたの習慣にしてみませんか。

店名 手打そば萱笑(かやしょう)

住所 〒939-1610 富山県南砺市福光6771
電話番号 0763-52-5033
営業時間 11:30~14:30/17:00~21:00
定休日
毎週火曜日(祝日の場合は水曜日)
毎月一回月曜日が臨時休業
アクセス JR城端線「福光駅」から徒歩6分

ページTOPへ