グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.05.25

  • 日本酒

博多・中洲川端駅近くにある鰻のお店「中洲 鰻冨」。名物鰻丼はまさに絶品!

うなぎ

絶品うなぎを嗜みながらお酒を飲める中洲 鰻冨の魅力を大紹介

福岡県博多市博多区中洲に拠点を置く鰻屋・中洲 鰻冨。

一度食べたら病みつきになる絶品うなぎと共に、美酒を楽しめるとツウの間では評判の高いお店です。

お店で使用されているうなぎについてや、お酒のラインナップをとくとご紹介していきます!

【古き良き昭和の雰囲気漂う中洲・人形小路で営まれる鰻屋のうなぎ】

人形小路という場所でうなぎの香ばしい香りを漂わせながら、旨みたっぷりの鰻丼を調理している中洲 鰻冨。

蒲焼のタレに漬け込まれたふっくらとしたうなぎを、福岡産の新米の上にのせた逸品は筆舌しがたい味です。

ポイントは約10匹ぶんの肝煮焼きが足されているということ。

うなぎの蒲焼のみならず、肝煮焼きも合わせて食べられるのが他店とは異なっています。

生臭さをほとんど感じさせないうなぎ本来の旨みと苦味が実食できることで人気です。

【うなぎ料理を肴に美酒に酔いしれるという楽しみ方も】

絶品うなぎと一緒に飲むことのできるお酒の種類が多いというのも、魅力の1つです。

日本酒・焼酎などの定番メニューはもちろん、ビールやウイスキー、ヒレ酒まであります。

このお店を訪れたのであれば飲んでおきたいお酒達を一部紹介していきます。

・ヒレ酒 ¥648

ふぐのヒレを焼き上げ日本酒の中に沈めて、着火してから飲むヒレ酒。

特有の風味・香りを一挙に堪能できます。

・豪快 ¥540

爽やかな口当たりでありながらピリ辛な味が効いている、ヒレ酒にも使用されるお酒です。

・若竹屋「坐」 ¥540

福岡の地酒として知られ、パワフルな味が特徴です。

米の甘みを最大限に引き出しているので、苦さを感じられる肝煮焼きと相性良好です。

・醸し人九平次純米 ¥540

兵庫の酒米で知られる「山田錦」を用い醸造されたお酒で、南国のフルーツを想起させるフルーティーな味と米のうまさ、どちらも味わうことのできる調合の取れたお酒です。

これらのお酒を片手に肝煮焼きや蒲焼を召し上がってみるのはいかがでしょうか。

店名 中洲 鰻冨

ご予約・お問い合わせ 092-409-1333
住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲4-1-19
アクセス
福岡市営地下鉄 空港線・箱崎線「中洲川端駅」より徒歩5分
地下鉄空港線「天神駅」より徒歩11分
営業時間 17:00~22:00
定休日 不定休

ページTOPへ