グルメライターが教える美味しいお店。

。

2021.10.12

  • 和食
  • 居酒屋

古酒も熟成酒も満喫できる天文館の和食居酒屋「旬菜 さつまの意」!

写真

 

鹿児島の繁華街、天文館エリアの一角に、

今回イチオシしたい和食店があります。

「旬菜 さつまの意」は、

鹿児島市電・甲東中学校前電停から徒歩3分。

食に精通するグルメ人たちがこぞって通うお店とはいかに―。

それでは早速、心惹かれるとっておきの情報をお届けしましょう。

 

カウンター、テーブル席、個室がそろった店内に入りますと、

まず気づくのは、落ち着ついたジャズの音色です。

居酒屋らしい造りながらこの粋な演出。

これから始まるひとときが期待以上のものになる―そんな予感がふっと過ります。

秘密基地的な要素もあり、特別な夜にはもってこい。

こちらで美味しいものをひそかに楽しめば、

まさに大人になった喜びを実感できるに違いありません。

 

およそ3年以上長期熟成した日本酒、

すなわち古酒をいただけるところが、

こちらの特筆すべき大きな特徴となっています。

歳月がふるいをかけた深い味わいは、ふくよかでまろやか。

心の琴線に触れる至福の一杯と言っても過言ではありません。

 

例えば、これに看板メニューの一つ、

「本格麻婆豆富」を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

10年間中華料理人として活躍した経験が見事に活かされた逸品。

お互いの持ち味を引き出す相乗効果に、

思わず唸らされることでしょう。

 

さらに、注目したいのは、お店で寝かせた熟成酒の存在です。

温度管理を含め、手間のかかるプロセスを経て、最もいい状態で提供。

お酒との対話の積み重ねによって育まれた妙味は、

店主の真摯さを物語ってもいます。

 

チーズ入りの「アボカドまんじゅう」と青森・弘前市の松緑酒造の

「六根 純米吟醸 サファイア 生酒」といった銘酒とのマリアージュは、

きっとまたとない極上の体験となるはず。

シンプルにメイン食材を主張させる手並みと大胆な盛りつけ。

 

地元だけでなく、全国を視野に入れた味のスケール感は、

食に独自のこだわりを持った人たちをも満足させずにはいられません。

足を運べば、あなたも必ずや恋に落ちてしまうことでしょう。

それこそ、「旬菜 さつまの意」です。

 

[店名] 旬菜 さつまの意
[住所] 〒892-0845
鹿児島県鹿児島市樋之口町8-5 照明電工ビル1F
[アクセス]
鹿児島市電「甲東中学校前電停」より徒歩3分
鹿児島市電「天文館通電停」より徒歩7分
[営業時間] 17:00~24:00(L.O.23:30)
[定休日] 日曜日
[TEL] 099-295-3363
[ホームぺージ] https://www.satsumanokokoro.com/

ページTOPへ