グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.11.14

  • ワイン

名古屋市のグルメにも人気のフレンチ「ボン吉(ボンキチ)」で美味しいワインを味わう

お肉

名古屋市のボン吉で想い出に残る素敵なグルメタイムを!

名古屋市で、肩肘張ることなくフレンチ料理の数々を楽しめると話題を呼ぶ『ボン吉』。

地下鉄を普段からお使いの方なら、名古屋市営地下鉄桜通線・車道駅より徒歩9分で店舗へ向かうことができます。

青色の、西洋のエレガントな外観をした玄関から中に入ると、木目調と白を基調とした美しい内観に目を奪われてしまいます。

座席は、お一人様でも楽しめるカウンター席と、グループ利用にも定評のあるテーブル席で時間を忘れて過ごすことが可能です。

カップルのデートや女子会、ひいては会社員の同僚同士も多く集まることには理由があります。背景には、ディナーのみならず、ランチタイムも開かれており空腹を満たす逸品のオンパレードです。

ランチコースは女子会に定評があり、アットホームな空間で織りなすシェフの味をリピートする方が続出。

女性が親しむ新鮮なお野菜・鮮魚をはじめとした前菜は、お好きなものをチョイスできるという選択肢があること。

前菜のほか主菜も選ぶことができ、スイーツや鮮魚までついた至福の感情をもたらせる逸品がボン吉と来店者の距離を縮めます。

四季折々の食材を使うことでも”飽きの来ない名店”と言われるボン吉メニューの一例として、注目していただきたい逸品があります。

“エスカルゴ牛すじのショソン”、こちらのテイストはカスタードクリームを主としており、細かく刻み込んだエスカルゴをパイ生地に包んで、サクっとした食感に定評があり「インスタ映えもするし、味の方も最高」という評判もあるのだとか。

男性と共にご来店する予定がある方ならぜひ”アンドゥイエット”もお試し下さい。アンドゥイエットは、豚肉の色々な部位のミンチを合わせた、大判のソーセージでお肉好きの男性からも定評を博しています。

外側はパリッとした食感で、中身はモチっとしたお肉が持つ歯ごたえを感じる味わいから「ワインと合わせると至福の味わい」と、リピートを生む要因ともなっているのです。

そのほか、ディナーやランチいずれにおいてもボン吉の逸品はコースでもご堪能いただけます。ランチは2,500円・3500円から、ディナーは5,500円から、来店した方を虜にさせるメニューで構成しています。

名古屋市という都心にありながらも、どこかお友達の運営するお店に来たかのような感覚にさせる、アットホームなボン吉のお料理を、ぜひ一度ご堪能下さい!

店名 ボン吉(ボンキチ)

住所 〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町27-12 D号 北條ビル
電話番号 052-937-0039
営業時間
【ランチ】12:00~14:00(L.O.)
【ディナー】18:00~22:00(L.O.)
定休日 水曜日
アクセス 名古屋市営地下鉄桜通線「車道駅」より徒歩9分

ページTOPへ