グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.04.18

  • ワイン

大須・上前津の「大須万松寺 五代目橋本」。ひつまぶしとステーキにぴったりのお酒も楽しむ

コース

銘酒も充実!大須・上前津にある「大須万松寺 五代目橋本」

名古屋市の中心部・大須エリアに、開業明治10年という長い歴史を誇るステーキと洋食のお店、「大須万松寺 五代目橋本」があります。名古屋市営地下鉄名城線、鶴舞線の上前津駅の8番出口から徒歩4分。その老舗の味に惚れ込み、多くの常連さんが今も通い続けています。

明るい光の差し込む店内に入ってまず印象的なのは、調理場が目の前のカウンター席です。ときに立ちのぼる炎まで間近に迫り、臨場感たっぷりの特等席。慣れた手つきで次から次へと料理を仕上げていく店主との語らいも弾みます。モダンなスタイルの2階のテーブル席は、障子も取り入れた和魂洋才なしつらえで、グループや大切な方との会食にも心強い味方になってくれます。

数あるランチメニューの中でも迷わず注文したくなるのは、名物の「極上ひつまぶし」でしょう。赤身の美味しさにも力を入れた「松阪牛の里オーシャンファーム」産の松阪牛を使用し、しかも、すべてA4・A5ランクというから驚きです。口に入れた瞬間、肉そのものの旨味があふれてきます。よくしみた代々引き継がれてきた特製ダレは、相性を考えて選ばれたひとめぼれ米とも素晴らしく合います。一日限定5食の「国産A4・A5ランク黒毛和牛 松阪牛の赤身ステーキ」や「特選和牛ステーキ+フォアグラ重」などの他にも、野菜を使わず、肉とスパイスだけで勝負した「特製カレーライス」は、あまりもの人気に夜にも提供されるようになったほどの傑作。常時ある4種のクラフトビールとともに味わえば、昼間から贅沢な時間を満喫できます。

メインのステーキはもちろん、日替わりの前菜やサラダ、牛タンの赤ワインソース、〆にはバジルクリームリゾットなどもついた全8品のディナーコースには、全国各地から揃えた銘酒の数々がお供してくれます。高木酒造の「十四代 秘伝本丸玉返し」を筆頭に、埼玉の「花陽浴 純大吟 八反錦 生」や三重の「而今 大吟醸 瓶取り 出品作」など、ツワモノばかり。夜が深まるにつれ、いつもの日常からゆっくり解き放たれ、心地よい陶酔感に包まれていきます。

店名 大須万松寺 五代目橋本

ご予約・お問い合わせ 052-228-7872
住所 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-20-26
アクセス 名古屋市営地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」8番出口より徒歩4分
営業時間
<LUNCH>11:30~15:00
<DINNER>18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 不定休

ページTOPへ