グルメライターが教える美味しいお店。

。

2021.09.14

  • 和食
  • 居酒屋

岐阜・可児の和食居酒屋「旬彩酒家 結庵」で日本酒と気になるおつまみ!

写真

 

気ままにゆっくりくつろぐ際には、

お酒はとってもありがたい存在です。

ストレスの多い日常に締めつけられた心身の緊張がほぐれ、

ほろ酔い気分がひたすら心地いい。

そんな極上のひとときを過ごせるのが、

岐阜・可児市にある「旬彩酒家 結庵」という居酒屋です。

名鉄広見線・新可児市駅から徒歩8分。

 

気になるお店の雰囲気は、すっきりした佇まいで、

気兼ねなく常連通いできるスタイルとなっています。

6席あるカウンター席も、3卓の掘りごたつ座敷席も、

心おきなく時間を過ごすにはもってこい。

通うたびに身体になじんでくる。そんな感覚を体験できます。

 

訪れるお客さんを惹きつけてやまないのが、

看板メニューの炭火焼き料理の数々。

オーダー必須の名物と言えば、

「三河一色産うなぎの白焼き」に決まりです。

名産地の厳選されたものを、

これまた全国的に有名な土佐の備長炭で焼き上げていく、という嬉しい掛け算。

 

もちろん、串を操る店主の手馴れた技も必見です。

焼き目のついた皮の香ばしさと食感、

口の中であふれる濃厚な旨味、

さらに付け合わせの生ニンニクをのせて大葉で巻くと、

ますます深い味わいが込み上げてきます。

 

お供となる日本酒は、

料理との相性を前提にして、周到に選び抜かれています。

あくまで和食の逸品を引き立てることを重要視し、

香りが目立つことのない穏やかなテイストをセレクト。

 

好奇心旺盛な方々は、

3種類と5種類そろう飲み比べセットがおすすめです。

めったにお目にかかれない銘柄との出会いを果たせるのも、

こちらの魅力となっています。

 

旬のネタが並ぶ「刺身盛り合わせ」や「穴子と大和芋のふわふわあげ」、

「せせり醤油焼」、「カキホイル蒸し」といった品々を重ね、

仕上げに「炙り〆鯖の棒寿し」で最後を飾る愉悦―これは定期的に通わなければ、

と思わずそんな気持ちにさせられます。

「旬彩酒家 結庵」でリラックスするひとときは、

他に代えがたい選択肢と言っても過言ではありません。

 

[店名] 旬彩酒家 結庵(しゅんさいしゅか ゆいあん)
[住所] 〒509-0214 岐阜県可児市広見3-43 サンパレス可児1F
[アクセス]
名鉄広見線「新可児駅」より徒歩8分
JR太多線「可児駅」より徒歩8分
[営業時間]
ランチ
<火曜日~金曜日>12:00~14:00(L.O.13:00)
<月曜日・土曜日>予約営業
ディナー  17:00~23:00(L.O.22:30)
[定休日] 日曜日
※翌月曜日が祝日の場合は日曜日営業、月曜日休み
[TEL] 0574-61-1087
[ホームぺージ] https://www.yuian.jp/

ページTOPへ