グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.03.11

  • 居酒屋
  • 日本酒
  • 果実酒

広島・大手町。美味しい日本酒を味わうならここ!居酒屋「ほろよい処 心屋」

コース

多彩な地酒は値段も型破り!広島・大手町の「ほろよい処 心屋」

お昼にお好み焼きを堪能したら、夜はここに決まり―広島市中区大手町にある居酒屋「ほろよい処 心屋」。広島電鉄各線・袋町駅から徒歩2分、本通駅からは徒歩5分。気軽に入っても深い時間を満喫できる素敵なお店です。

落ち着いた明かりの店内は、掘りごたつ式のカウンターやテーブル席などもあり、腰をすえてじっくり飲むにふさわしい仕様に。まずは厳選仕入れの国産牛ひれカツから宴の開始を宣言しましょう。瑞々しいほどにやわらかく、乾杯のビールが金杯へと変わっていく快感。場も和み、会話もますますにぎやかになってきたら、醤油を一切つけないで食べる「名物ひとてま刺身六種盛り」。2日間にわたる熟成や味噌漬けなどの工夫が随所に。これに合わせたいのは、全国各地の名だたる日本酒。山口の「獺祭」や高知の「酔鯨」、青森の「豊盃」など、ツワモノばかりがズラッと、約130種そろって全品400円という破格さ。地酒好きにはたまらない価格設定でしょう。他にも、季節限定の銘酒や200種の焼酎、180種の果実酒もあり、懐の深い品揃え。供される「和らぎ水」の気遣いもうれしい。酒一杯につき水を三杯飲んで、深酔い知らず。心強い味方です。

看板料理の「のどぐろ奉書包み焼き」は、和紙で包んで焼き上げるのどぐろのふっくらな肉質と品の良い旨味を、香りとともに思う存分味わえる一品。「生サーモンと茄子の手綱巻き」は、濃厚サーモンと茄子のやわらか食感がさわやかささえも感じさせる定番メニュー。変わったところでは「あゆの春巻き タデソース」を。カラッと揚げたまるごと鮎が、タデ酢をまとっていっそう風味豊かに。広島名物の「牡蠣の松前焼き」は、昆布の上で焼き上げた牡蠣のなめらかさと極上エキスを、自家製味噌やわさびで。止まらない箸と進んでしかたのない次の一杯。こんな瞬間に、心にふっと湧いてくる「なんかうれしいな」という感情こそ、このお店を訪れる醍醐味と言えるでしょう。
 
弾むおしゃべりに笑い声の絶えない「ほろよい処 心屋」は、間違いなく、広島の夜の街を明るくしてくれるホームタウン。この地にあって、人生にささやかな明かりを灯し続けてくれています。

店名 ほろよい処 心屋

ご予約・お問い合わせ 082-240-5568
住所 〒730-0051 広島県広島市中区大手町2丁目6-21和秀大手町ビル1F
アクセス
広島電鉄各線「袋町駅」から徒歩2分
広島電鉄他各線「本通駅」から徒歩5分
営業時間
■昼(月曜日~金曜日・平日のみ)
11:30~14:00(L.O.13:30)
■夜
18:00~26:00(L.O.25:30)
定休日 無

ページTOPへ