グルメライターが教える美味しいお店。

。

2018.06.11

  • 日本酒

接待や会食におすすめのお店。日本料理「赤坂ながとも」の抗えない魅力に迫る!

sec2_img
接待や会食の際はぜひ!日本料理「赤坂ながとも」

松山中央市場から毎日空輸で届く瀬戸内の旬の素材を、手間暇かけて極上の味へ。
日本料理の名店「赤坂ながとも」は、赤坂見附駅から徒歩3分のところにあります。
落ち着いた店内は一言で言えば大人の空間。大事なゲストをおもてなしするにはもってこい。事実、接待や会食に利用するお客さんも多いようです。

旬の新鮮素材を存分に味わうのなら10~11品が揃うコース料理がおすすめです。季節感を鮮やかに表現した芸術的なメニューが並びます。締めの鯛めしまで抜かりなし!
もちろん単品でオーダーしていくのもアリ。石焼き料理や、黒毛和牛のすき焼きなど、なんとも贅沢、そして華やかな逸品が控えています。
美味しい料理が盛りだくさん。となれば気になるのは合わせるお酒。
期待を裏切ることはありません。厳選された日本酒にどうぞ舌鼓を♪選ばれし20種類以上の銘酒たち。あ~なんだか想像しただけで酔っちゃいますね(笑)。
会席料理との相性は言わずもがな。色々な組み合わせを楽しむのも一興に存じます。
こだわりの美酒はもはや評判に!伊達に毎週土曜日、日本酒の会を開いていませんね。
例えば、黒龍酒造醸造の限定品「黒龍 限定酒」。フルーティな味わいが楽しめる高木酒造醸造の「十四代 龍泉」。青森の地酒都市人気が高い西田酒造店醸造の「田酒」。これらは、ファンからの支持も厚いといいます。
その他、店主の出身地である愛媛の地酒も人気です。私も大好き。
希少な一杯は貴重な財産。どうしたって抗えない魅力があるものです。

快適なスペースに美味しい料理、そして珠玉の日本酒。
「赤坂ながとも」の魅力はまだまだ尽きませんが、とりあえずこれらの要素だけでも近郊、遠方かかわらず訪れる価値はあると思います。
機会があればぜひ!東京グルメの真髄、ここに。どうぞご賞味あれ!
ビジネスシーン、プライベートともに有意義なひと時をお過ごしください。

ページTOPへ