グルメライターが教える美味しいお店。

。

2015.10.19

  • 日本酒

新宿で、旬が味わえる居酒屋です。

新宿駅で日本酒が飲めるお店

新宿の東口から歩いて10分弱くらい。

区役所の裏側をちょっと通り過ぎた辺りに居酒屋【旬彩】さんがあります。
竹をあしらった雰囲気のいい入り口を入ると、目の前に大きくカウンターが取られていて、
さっぱりと明るくて落ち着いた中にも華やかさを感じる店内の様子に期待が高まります。
焼酎が豊富なお店なので、大好物の芋焼酎「富野宝山」をセレクトして、お料理は何にしようかな?
と、メニューを眺めていたら馬刺しを見つけました。

熊本の食材にこだわりがあるみたいですね。ということで、早速注文。
あぁ〜。至福の時です。

以前に熊本に旅行した時に知った食べ合わせをいきなり再現してしまいました。

4種盛りあわせなので、部位ごとの味わいの違いも楽しめるのがたまりません。

甘みを感じる肩ロース、さっぱりした赤身、タテガミはコラーゲンですから、女子には必須です!
いきなり奮発してしまいましたが、続けて「蟹味噌の朴葉焼き」を注文して、お酒は黒糖焼酎の「れんと」に
変えてみました。

こちらもコクがあって美味しいので好きな焼酎なのです。

蟹味噌の朴葉焼きもお値段は750円とリーズナブルなので、もう一品、お刺身を注文します。

明るくて、随所に竹をあしらっているのでスッキリした印象の店内は、カウンター席だけではありません。
半個室、個室、テーブル席と席の種類も揃っていて、個室はダウンライトの落ち着いた雰囲気です。

どんなシュチュエーションでも利用できそうでいいですね。
お料理を楽しみながら、今度はまた芋焼酎に戻って、「きろく」をいただきます。
旬の上質な食材にこだわったお店ということなので、さすがにどれも美味しくて、お酒も進むし、お箸も進みます。

更に「さつま揚げ焼き」を注文したところで、焼酎ボトルキープができることを発見!

「きろく」が飲み終わっていたので、早速「赤霧島」をキープしてしまいました!
これで次の楽しみができました。

今度は友達とみんなで来て、このボトルで乾杯しようと心に誓ったのでした。

 

ページTOPへ