グルメライターが教える美味しいお店。

。

2020.04.09

  • ワイン

新宿神楽坂のワインバー「Viande(ヴィアンド)」。楽しく飲み会をするならここへ

スペシャリテ

新宿のViandeで楽しい宴会・飲み会を!

新宿区の神楽坂エリアで、人に自慢したくなるワインバーがあると定評を持つ『Viande(ヴィアンド)』。

アクセスはJR「飯田橋駅」より徒歩10分、東京メトロ東西線をご利用の方なら「神楽坂駅」から徒歩8分で到着可能な店舗です。

Viandeの発想は、手間暇かけたフランス料理によって至福の時間と日常の疲れを癒していただきたいというもの。

店内はカジュアルで居心地が良く、シェフが作るビストロ料理を間近で見られるカウンター席、お仲間とくつろげるテーブル席で時間を忘れてゆったりと過ごせます。

初めてViandeへ来店した方に味わってほしいのは、乾杯と同時に箸が進む”生牡蠣”でしょうか。

牡蠣のスペシャリストにあたる”グランオイスターマイスター”が厳選したものを使用。生牡蠣はレモン添え・コンソメジュレが、蒸し牡蠣ならアワビの肝バターや生のりの佃煮など、「鮮度が良くて深い風味がたまらない」と常連から絶賛されているのだとか。

大切な人とViandeにお越しの方は、シェアできるおすすめの筆頭”黒トリュフの”もぜひ。数種類のチーズとふくよかな香りを醸し出すトリュフのコンビは、舌鼓を打ってしまううまさという評判があります。

そして、たらふく逸品づくしのメニューを堪能したい方ならViandeのシェフが推す自慢のコースもチェックしておきたいところ。

多様なシーンに応じるコースは合わせて3種。リーズナブルな3,900円のコースや5,500円・6,500円で2時間の飲み放題が付いたタイプもおすすめです。

特別日を祝うシーンで選ばれている、6,500円コースの品数は全8品。サッと味わえる新鮮お肉の”自家製シャルキュトリー盛り合わせ”や贅沢な”フォアグラとチョコレートのテリーヌ”、魚類の”帆立のムースパイ ブイヤベース”など、どれも舌鼓を打ってしまう逸品ばかり。

メインは鴨むね肉のロースト・牛ハラミステーキとポテトフライ・鹿挽肉のラザニアの3種からお好きなものを選ぶこともでき、次回来店した時は違う品を選定する楽しみも持てるというもの。

新宿でグルメ通が都度話題に挙げる名店の『Viande』は、一度来店してみる価値が大だといえるでしょう。

店名 Viande(ヴィアンド)

住所 〒162-0821 東京都新宿区津久戸町1-14 サンハイツ飯田橋101号
電話番号 03-6280-7352
営業時間 18:00~2:00(L.O.1:00)
定休日 日曜日
アクセス
JR「飯田橋駅」東口より徒歩10分
東京メトロ東西線「神楽坂駅」1番出口より徒歩8分
都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分

ページTOPへ