グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.06.25

  • うどん
  • 日本酒

新政酒造のお酒をうどんと一緒に堪能。名古屋・伏見にあるうどん屋「もつ煮込みうどん 和久(もつにこみうどん わく)」

うどん

名古屋伏見で銘酒とともに!「もつ煮込みうどん 和久」!

ビジネスや観光で名古屋を訪れたら外せないお店が、伏見エリアと呼ばれる一角にあります。「もつ煮込みうどん 和久」は、独自の食文化が根づいたこの地域で、ご当地グルメ同士を融合させた新名物が楽しめるうどん屋です。名古屋市地下鉄東山線、鶴舞線・伏見駅6番出口から徒歩7分、歴史も古い劇場の老舗・御園座からも近いところにあります。

店内に入って、出汁の香りとともにまず嬉しくなるのは、清潔さもありながら庶民に愛されるような気取りのない空間でしょう。広々としていて、一人でもグループでも落ち着ける造りになっています。普段づかいにも重宝するテーブル席とごちそう感も味わえるお座敷席があり、昼に夜にお客さんたちの麺をすする小気味よい音が響いています。

店名にもなっている「もつ煮込みうどん」は、ナゴヤめしを代表するどて煮と味噌煮込みうどんを鮮やかな手さばきで合流させた名物料理です。花かつおの品の良さ漂うこだわりの出汁、吟味した上に選ばれた2種の小麦粉を合わせた自家製麺はもちもちした食感で喉ごしもなめらか。これらに歓迎されるように、ニンニク入りの調味料でしっかり味のついた愛知県産の豚もつが、土鍋の中で小躍りするようにぐつぐつ煮えています。

そのまま一心不乱に箸を進め、良く冷えたビールを流し込むのも魅力的ですが、幸いにしてここでは日本酒も提供されています。例えば、「国盛 正純米」で粋にくいっと煽りながらも良いですし、「陽の鳥」や「No.6」、「エクリュ」などの秋田・新政酒造の洗練された銘酒を合わせると、しみじみと贅沢な気分に浸ることができます。この他にも、スパイスが際立つ「カレー煮込みうどん」との組み合わせも注目です。一品料理では、「煮卵とこんにゃく」や「つけもの」など、お酒を進めてくれるものがそろっています。

美酒を一杯傾けつつ、新しく生み出された郷土料理を味わう―そんな優雅な時間を過ごせる「もつ煮込みうどん 和久」は、名古屋訪問の際にとっておきの楽しみになってくれるお店です。

店名 もつ煮込みうどん 和久(もつにこみうどん わく)

ご予約・お問い合わせ 052-253-6242
住所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-17-9
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」6番出口より徒歩7分
営業時間
【昼】11:00~14:00(L.O.14:00)
【夜】17:00~21:00(L.O.20:45)
定休日 日曜日

ページTOPへ