グルメライターが教える美味しいお店。

。

2021.01.26

  • ビール
  • ワイン
  • 日本酒
  • 焼酎

明石のイタリアン・スペイン料理「欧風カッポウ Ebisui」で味わうワインと料理のマリアージュ

アクアパッツァ

 

美味しいお酒が飲みたい。

そんなときはJR神戸線「明石駅」南口より徒歩5分の所にある「欧風カッポウ Ebisui(オウフウカッポウ エビスイ)」へ。

シェフが腕を振るあ絶品料理とワインのペアリングが思う存分楽しめます。

 

「欧風カッポウ Ebisui」が提供するのは、イタリアンやスペイン料理の店で修業を積んだシェフが、

明石で取れた天然魚を使った海鮮料理や、彩りの新鮮野菜や上質なお肉などを使ったアラカルト料理。

それを欧州から仕入れたスパークリング、白、赤、合わせて30種類以上揃うワインと合わせるのが「欧風カッポウ Ebisui」の楽しみ方。

 

ワインのラインナップは定期的に入れ替えられるため、訪れるたびに新しい味との出会いがあります。

例えばスパークリングワインと合わせるのなら、

明石で捕れる季節の鮮魚を使用した「明石魚のカルパッチョ」。

その時々の味わいを感じられるカルパッチョと白ワインの組み合わせは、食事の始まりにピッタリです。

 

上品な旨味と程よい塩味が特徴の「ハモンセラーノ」に合わせるのもスパークリングがベスト。

弾ける微炭酸の爽快感と併せて味わってください。

 

明石産の鯛をメインにして、旬の魚介で作る「アクアパッツァ」と合わせるのは白ワインですね。

魚の骨から取った出汁と白ワインだけで仕上げる「アクアパッツァ」と白ワインの相性は抜群です。

また、明石の鮮魚を中心にして、貝類をふんだんに使用した「パエリア」にお店がおすすめするのは重めの白ワイン。

ワイン片手に仲間とシェアして楽しんでください。

 

赤ワインに合わせるのなら「鴨のロースト」などはいかがでしょう。

自然の中で育った鴨肉の豊かな味わいと芳香な美味しさが引き立ちます。

幻の豚として知られる「八鹿豚」のカツレツは、フレッシュトマトとバジルを合わせたソースが、

「八鹿豚」のとろけるような甘みとジューシーな旨味を引き立てる逸品。

こちらには重めの赤ワインがおすすめです。

 

他にも様々なペアリングが楽しめるのが「 欧風カッポウ Ebisui」の魅力。

スタッフに気軽に尋ねながら自分なりのペアリングを見つけてくださいね。

 

[店名] 欧風カッポウ Ebisui

[TEL] 070-1821-9990
[住所] 〒673-0884 兵庫県明石市鍛治屋町4-14 明石スリーナインビル6F
[アクセス]
JR神戸線「明石駅」南口より徒歩5分
山陽電鉄本線「山陽明石駅」南口より徒歩5分
[営業時間] 18:00~23:00
[定休日] 水曜日
[ホームぺージ] https://www.sakanaya-ebisui.jp/ebisui2/

ページTOPへ