グルメライターが教える美味しいお店。

。

2020.03.13

  • バー

札幌・すすきののバー。燻製料理がおすすめの「すすきのの燻製バー 燻の吟 -kun no uta- こみゅーん」

おむすび

すすきのエリアにある燻の吟 -kun no uta- こみゅーんで楽しむまったりバータイム

飲食店の激戦区・札幌のすすきので、隠れ家として通い続けたいと評判のある『燻の吟 -kun no uta- こみゅーん』。

札幌市営地下鉄南北線をご利用の方なら、店舗へのアクセスはすすきの駅より徒歩3分。札幌市電・すすきの電停・資生館小学校前電停からも同様の時間で到着できます。

ハイセンスなインテリアがそろった店内の居心地は抜群。カウンターをメインとして、存分に日々の喧騒を忘れてリラックスできます。

燻の吟 -kun no uta- こみゅーんでは、店名が由来しているように”燻製”した素材を逸品に変えてご提供。独自の味わいには「他店では出会えなかった味がある」と絶賛の声があふれています。

時間帯に応じて楽しめるメニューを分けており、18時~21時の”燻製とごはん”の帯、1軒目に訪れたときに召し上がってほしいのは自慢の”燻風キーマカレー”でしょうか。

燻製した挽き肉をふんだんに使用し、キーマカレーには独自のブランドをトッピング。カレーのまろやかさとコクが絶妙に味わえるイチ推しのメニューでもあります。

続いては21時~終電という帯の”燻製とバー”のお時間。こちらの時間帯では2軒目に訪れる予定の方や、小腹を満たしたい方に”冷燻とりわさと黄身の燻製醤油漬け”をおすすめします。

鶏肉を冷燻という火を通さない手法で燻し、みりんと醤油で味付け。燻製醤油に漬けた黄身がトッピングされており、わさびとかき混ぜると召し上がった常連からは「日本酒と一緒に味わうと最高」という評判もあるのだとか。

燻の吟 -kun no uta- こみゅーんで一品1品注文していくスタイルも良いですが、贅沢に1品づくしを味わいたい方はコース料理の方もチェックしておきたいところ。

120分の飲み放題が付いたコースは2種類ほどあり、3,800円もしくは4,800円のタイプからお選びになれます。

一例では新鮮なヒラメを使った”冷燻海鮮のカルパッチョ”や、”熟成燻製醤油の炒め飯”のほかお肉料理まで、多彩なラインナップでテーブルを盛り上げます。

全て召し上がった頃には、次回の来店を確定させてしまうこと間違いなしといえるでしょう。

札幌すすきのの名店『燻の吟 -kun no uta- こみゅーん』の絶品の各種を、ぜひ一度ご賞味ください!

店名 すすきのの燻製バー 燻の吟 -kun no uta- こみゅーん

住所 〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西5-19 LC六番館ビル7F
電話番号 011-552-3250
営業時間 18:00~3:00(L.O.)
定休日 日曜日
アクセス
札幌市営地下鉄南北線「すすきの駅」4出口より徒歩3分
札幌市電「すすきの電停」より徒歩3分
札幌市電「資生館小学校前電停」より徒歩3分

ページTOPへ