グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.02.22

  • 日本酒

自由が丘の和食「田園安齋」で日本酒を楽しむ!尾山台の駅チカの店

メニュー

酔うほどに次の一杯と肴が恋しくなる、自由が丘「田園安齋」の夜

行灯のやさしい明かりに誘われ、身体を軽くして暖簾をくぐれば、あとはもう楽しむだけ。粋とか、熱意とか、当たり前のように揃っている。カウンターに座るなり、夢見心地―。自由が丘の和食「田園安齋」で、今宵を始めてみてはいかがですか。京急大井田線・尾山台駅から歩いて2分。はじめの一杯から最後の〆まで、大満足させてくれます。

包まれる良い出汁の香りに、ぬくもりのある店内。早くも名店の予感が的中します。ここで使用する鰹節と鮪節は、築地の名店から。利尻産昆布を加え、思いを込めて、毎日、丹念に仕込んでいます。料理の要となる土台を絶対に疎かにすることはできない―。仕事とはそういうものだ、と語っているかのよう。

四季の食材を最大限に生かすこと。例えば、春から初夏にかけては、空豆のかき揚げなどを。色鮮やかで、シンプルこの上ない一品。特定の調味料に頼らず、素材の良さが前面に。それこそ、旬を味わう醍醐味と言えるでしょう。一方、工夫を凝らしたものもいただけます。名物の牛すじ煮込みは、味噌ベースの味つけなのに、まるでデミグラスソースのようなまろやかさ。やわらかく、口どけもうっとりするほど。添えられた焦げ目のついた食パンがよく合います。他にも、予算に応じたおまかせコースもあり、このお店の実力、奥深さを満喫できます。

これと決めた日本酒が、夜を深めてくれます。秋田の名酒、高清水。自分の料理にいちばん合う理想のお酒、と店主。これ以外は置かないほどの惚れ込みようです。辛口につきものの癖はなく、口当たりはすっきり。何より、料理の良さを損なうことなく、存分に引き立ててくれます。そこに良心的な価格とくれば、痛飲は必至。純米大吟醸、辛口生貯なども揃っています。

最後の〆には、塩むすびが格別。粒立った米の艶と旨味が、胃袋に、夜空に虹をかけます。素朴であっても、一切手抜きはなし。満足して帰ってほしい、という店主の想いの強さの証。地元だけでなく、多くのお客さんから愛されているのも納得いきます。自由が丘の「田園安齋」は、特別な時間を過ごせるお店です。

店名 田園安齋

ご予約・お問い合わせ 03-3702-3774
住所 〒158-0086 東京都世田谷区尾山台3-24-11 第十大浦ビル105
アクセス 東急大井町線「尾山台駅」 徒歩2分
営業時間 [夜]18:00~22:30(L.O.21:30)
定休日 月曜日

ページTOPへ