グルメライターが教える美味しいお店。

。

2015.12.11

  • 焼酎

西麻布の隠れ家は、もつ鍋の聖地だった!

西麻布でもつ鍋を食べながら焼酎で乾杯!
九州グルメ大好きな私としては、秋が深まってくると、もつ鍋を食べずにはいられません。ということで、テレビでも紹介されている話題のもつ鍋屋さんに行ってみることにしました。
この日訪ねたのは西麻布にある【もつ衛門】さん。斬新なもつ鍋で話題になっているお店です。
お店は西麻布交差点からすぐですが、広尾側に寄った裏道沿いなので、静かな雰囲気です。石造りのエントランスの佇まいは、全くもつ鍋屋には見えませんが、ちゃんと看板が出ているのでわかります。
お店の中も「シック」の一言。もつ鍋屋っぽくなくて、とてもオシャレ。
まずは酢モツと馬刺しとサラダを注文して、もう最初っから芋です。当然ですよね。黒瀬があったので、迷わず注文。ロックでいただきます。焼き芋焼酎で、普通の芋焼酎とは違い、香ばしさがあるのとコクが強いのが特徴です。
乾杯して、少し箸を動かしてから、メインイベントのもつ鍋をどれにしようかと再びメニューを開くと…。
醤油、塩とんこつ、豆乳、唐辛子、鶏ガラ、すき焼き風、洋風コンソメと、なんとなんとの7種類。それぞれ衛門の名を冠する堂々たるメニューです。豆乳のもつ鍋は以前にも別のところで食べたことがあり、好きなんですが、知ってるものを食べても仕方がない。と、思いつつ、王道の塩とんこつがやっぱりいいよなぁとも思うし、醤油と塩とんこつの場合は、中のモツを炙りにしてくれるというオプションもあって、それも美味しそうでどうしよう!決められません!
と、ひとりでグルグルしていたら、目の前の友達が「ここまできたら、トマトでしょ!」とバッサリ注文。出てきた鍋のど真ん中に丸々と太った立派なトマトがでーん!と乗っかっています。うーん。斬新です。その名も「伊衛門」イタリアンの伊でしょうか?トマトの下にはバラ肉も敷かれています。うん、これはちょっとお得感あるかもです。火にかけてしばらく待つと、コンソメのいい香りが漂ってきます。でもこれはもつ鍋の匂いじゃないなぁ、と思いながら、店員さんの説明通りにトマトをつぶして混ぜていきます。いよいよ取り分けていただきます。心の準備として、黒瀬をクイッと喉に流してから。
食べてみると…。あれ?美味しい!これは、モツ系のアヒージョから唐辛子を抜いたような、マイルドなんですが、モツの味がしっかりしていてバッチリ合っています。
また、締めの麺がパスタなのもいいです。正直「ゲッ」と思ったのですが、この味なら確かにパスタの方が合います。
芋焼酎との相性も悪くないです。お店の雰囲気も手伝って、だんだん何屋さんにいるのかわからなくなってきましたが、この美味しさは是非みなさんにも一度体験していただきたいです。

ページTOPへ