グルメライターが教える美味しいお店。

。

2015.12.04

  • ビール

陸のくじら、東十条にあり!【つち活】さんで舌鼓!

東十条駅でお酒が楽しめるつち活

東十条の駅のすぐそばに、ミニチュアの魚市場みたいな佇まいのお店があります。その名も【つち活】さん。漁師さんから直接仕入れたり、ご店主が自ら獲ったりした超新鮮な海の幸が楽しめる居酒屋さんです。そしてもう一つの売りがくじら料理。くじらといえば、竜田揚げ。ベーコンと言う人もいますが、小学校の時年がら年中給食で出てきた懐かしい味です。ワクワクしながらお店に入りました。威勢の良さそうな雰囲気が漂ってます。
はやる気持ちを抑えつつメニューを確認。あれ?沖縄の島らっきょうの天ぷらとか、八丈の島寿司なんてメニューがあるぞ?普通にお刺身とくじら竜田揚げかなと思っていたらこれはいろんなものが楽しめそうです。
早速島らっきょうの天ぷらとくじら竜田揚げと生ビールをイントロにいただきます。島らっきょう大好き!あっという間にペロリです。くじらも、ああこの味。食感。何十年ぶりだろう。という懐かしさです。
で、お次は、食べたことのないくじらの尾の身と、カワハギがあったのでお刺身を注文。お酒は焼酎と地酒が手厚く揃っています。泡盛もあります。久米仙のクースーがあったので注文。ふくよかでとろみすら感じる飲み口にカワハギの肝の味がねっとり絡むとこの上ない贅沢な気持ちになります。
くじらの尾の身というのを初めていただきました。何て美味しいの!霜降りの牛肉って言われたら普通に信じます。じっくり味わいたいのですが、あまりに美味しいのでこれもあっという間に平らげてしまいました。
あれもこれもと目移りするような極上な品ばかり。しかも魚市場風だから全然気どる必要もなくて、周りを見ると他の人も好きなメニューで舌鼓を打っているようです。
最初に気になっていた八丈のお寿司をここで注文。島寿司食べるなら、お酒は島酒!ということで九州のものではありますが芋焼酎。からり芋を注文。
八丈の島寿司は漬けにしたネタを握って、ワサビではなくカラシでいただくんですね。この独特な食べ方と芋がよ〜く合うんです。食べたことがない人には是非一度試していただきたい!ワサビよりもずーっとパンチがあって、私はこっちの方が好きです。勿論、ワサビで食べるお寿司も大好きですが、島寿司はめったに食べられないので、こういう機会は逃せません。
地鶏の焼き鳥などもすごく美味しそうでした。この日はお腹いっぱいになってしまって食べられませんでしたが、うちから電車でちょっと行ったところで島寿司が食べられるなんて思いもよらなかったので、このお店はリピート確定です!
次に行った時にはもっといろんな種類のお魚と、今回食べはぐった地鶏をいただいて、地酒と一緒に楽しんでから、また島寿司で締めたいと思います。

ページTOPへ