グルメライターが教える美味しいお店。

。

2019.12.20

  • フレンチ
  • ワイン

鹿児島市・天文館のフレンチ「Restaurant Nori(レストラン ノリ)」はオシャレなグラスでお酒を楽しめる「アート」なお店

薬膳

鹿児島・天文館のRestaurant Noriでいつもと違う至福の飲み会をしよう!

鹿児島の天文館エリアで、フレンチを親しむ方から毎月通ってもいいという声があふれる『Restaurant Nori(レストランノリ)』。

鹿児島市電を利用する方なら「天文館通電停」より徒歩3分でアクセスでき、お車の方は近隣のコインパーキングに停めることもできます。

店主が掲げる理念は、地元鹿児島の新薩摩発祥の素材をふんだんに使うことにあり、来店した方をことごとくリピーターに変えているのだとか。

そんなRestaurant Noriに初めて来店したとき、お仲間をお誘い合わせのうえ一緒に召し上がっていただきたいのは店主推奨のコースです。

コースは、お昼の帯・夜の帯のどちらでも堪能することができ、来店した方をことごとくリピーターに変えているそう。

配膳する容器に使うものは、店主が自らオーダーをしたもので”アート性”を感じるものばかりでつい写真にも収めてしまいたくなるものばかりです。

コースの一例を挙げると”さつま地鶏と旬のお野菜”は記憶に残る逸品として評価されているそう。

容器は、桜島をモチーフとした特製の器で、細やかな肉質を持つさつま地鶏と旬の野菜を盛っています。

共に添えた季節のお香から立ち昇る煙は桜島の噴火を彷彿とさせ、見た目にも映える一皿であることは間違いありません。

食材や食器、ひいてはお香の3つの表現が一体となっているRestaurant Noriの会心作でもあるのです。

ほかには魚類を好む方から定評のある”オマール海老のさつま揚げ風カダイフ”もまた食べたい想い出の一品として親しまれています。

鹿児島の定番でもあるさつま揚げを、洋食の技術を用いてサクサクした衣のカダイフに仕上げており、本県に備わる伝統とフレンチの繊細さがブレンドした個性あふれる一皿となっています。

そして、焼酎がお好きな方や、これから馴染みの深めていきたいという方に定評があるのがRestaurant Noriの薬膳焼酎です。

ラインナップは潤沢なそろえで、これまでに飲んだことがない方も虜にしており炭酸割り・ジュース割りなど、十人十色の好みに合致するようメニューを考案。

“ゆりね・陳皮・はとむぎの潤う複方酒”や、”シナモン・はすの実・高麗人参の整う複方酒”など、今まで見たこともない銘酒のそろえには、再びその味を堪能したいという方が続出するのも理解できるというものです。

鹿児島の天文館エリアで、オリジナリティに溢れるお酒と格別のコースを召し上がりたい方は『Restaurant Mori』自慢の逸品を、ぜひ一度ご賞味ください!

店名 Restaurant Nori(レストラン ノリ)

住所 〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町16-14 フローレンス絵菜B1
電話番号 099-248-8587
営業時間
【ディナー】
火曜日~日曜日・祝日 18:00~21:00(L.O.21:00)
【ランチ】
水曜日~日曜日・祝日 11:30~16:00(L.O.13:00)
定休日
月曜日
※ランチは火曜日もお休み
※月曜日が祝日の場合は営業し、翌日休み
アクセス 鹿児島市電「天文館通電停」より徒歩3分

ページTOPへ